「寝たきり」やめました。「車イス遍路」始めます。

愛知県の霊場(お遍路)・お寺・御朱印などを紹介していきます。

禅語・禅の教えに学ぶ、「いま」・「ここ」を大切にする生き方

 

こんばんは、Goroです。

 

本日の「言葉の力」は、「禅語」を中心にいくつかお届けしたいと思います。

 

これまで、アスリートの「言葉」を中心にお届けしてきましたが、そこからは、勇気やパワーを受け取ることが多かったことかと思います。

一方、禅の教えに触れるということは、当たり前のことに気付かされることが多く、人によっては、そこから感謝が生まれることもあるかもしれません。人によっては、そこからリラックスを感じとることもあるかもしれません。

 

僕自身、中学・高校と仏教の学校に通っていたため、禅の教えに馴染みはあったものの、病気をするまでは、ありがたさを感じることもほとんどなく、日常的に取り入れると言いますか、思いだすようなこともあまりなかったかと思います。

 

しかし、そもそも「禅」というと難しいイメージがあるかもしれませんが、とても身近なところにあり、日々の暮らしと結びついているものです。

たとえば、家に入る時、脱いだ靴をきちんと揃える、食器を丁寧に洗う、そんなこともまた、禅の教えを日常的に行っているということなのです。

 

それでは、いくつかの「禅語・禅の教え」を紹介していきます。

f:id:goro56-henro:20190311203020p:plain

 

 飲むことに集中する・食べることに集中する

 

「喫茶喫飯」

余計なことを考えず、お茶をいただく時には、お茶を飲むことだけに集中し、ご飯をいただく時には、ご飯を食べることだけに集中する。

 

実にシンプルな教えであり、私たちの日常で必ず取り入れられることですよね。この「あたりまえ」のことを、大切に・丁寧に実践することで、「いま」・「ここ」だけに集中していく。そうすることで、余計な不安や悩みを抱えないようになり、心が整っていくのです。

 

「マインドフルネス」という言葉を耳にすることも多くなってきましたが、こんな風に、丁寧にお茶を飲み、ご飯を食べる、その行為自体もマインドフルネスな行為であるのです。

僕も、調子が悪い時に、ご飯を食べると調子が良くなることがあります。身体的なこともあるかもしれませんが、食べることで、心が整っていることも関係しているのではないかと思っています。

 

 

「いま」をどう生きるか

 

「一息に生きる」

ひと呼吸するその瞬間、瞬間を、一生懸命に丁寧に生きなさいということ。

 

過去の出来事を思いだしてクヨクヨしたり、落ち込んだりしたり・・・

そんな過去に縛られている経験をすることも多いのではないでしょうか。過去にいつまでもこだわっているというのは、「いま」の生き方に対する自信のなさを表明しているようなものです。現在の自分を蔑ろにしているとも言えるかもしれません。

 

しかし、私たちには、「いま」をどう生きるかしかないのです。「いま」出来ることに集中していくことが懸命だとは思いませんか?

僕自身、病気になる前の過去と比較してしまうと、出来ないことだらけです。昔はこれが出来たのに!何で今はこんなことも出来ないんだ!

こういった葛藤は、完全になくせるかと言ったら、簡単に出来ることではありません。それでも、1年前と比べたら、出来るようになったこともたくさんあります。

結局は、「いま」をどう生きるか。「いま」を一生懸命生きていくことの連続だと思います。

 

 

心を整える場所・時間をつくる

 

「ご先祖様に手をあわせる」

 

ご先祖様に手をあわせるというのは、単なる儀礼的なものではありません。この行為は、代々受け継いでくれたことによって、いま自分がいただいている命に対する感謝、生かされていることへの感謝をご先祖様に伝えることでもあるのです。

 

こういった行為、時間を持つことが、心を整える機会に他なりません。それは、仏壇の前でなくてもいいのです。ゆかりのお寺や神社に行って、手をあわせることでもいいのです。

僕がお寺の遍路を始めたことも、この考えが理由の一つにあります。生活空間に、ほんのわずかでもいいので、そんな場所があると、心の在り方を変わってくるのではないかと思います。

 

 

「あたりまえ」を見直し、感謝する

 

「あるべきものが、あるべきところに、あるべきように、ある」

 

これは、曹洞宗大本山永平寺貫主を務められた、宮崎禅師がおっしゃっていた言葉です。

このあたりまえの在り様こそ、禅の悟りそのものですよね。

みさんも、自分のまわりにある「あたりまえ」のことを、一度見直してみませんか?

「いま」「ここ」にあるあたりまえのことに、どれほど自分が支えられているか、あるいは、癒されたり、勇気づけられているか。このことに気づいていくだけで、心の在り方が変わってくると思います。

 

僕は、親がいるから今生活出来ています。車いす遍路の挑戦や、外出すること自体、親の助けがあるから出来ます。病気になっても、友達は今まで通り離れていったりしませんでした。もちろん、外で今まで通り会うことは出来ませんが、わざわざ家まで何人もの友達が顔を見に来てくれています。

そして、横になっていることしか出来なかった僕が、座ったり、車いすを使って外出したりしているわけです。こういった全てのことに、「あたりまえ」のことではなく、感謝していけたらなと思っています。

 

 

夜を静かに穏やかに過ごす

 

「夜坐」(夜の座禅)

 

曹洞宗大本山である永平寺總持寺では、午後八時頃から、夜坐をすることで、心を静めて床につくのが、修行僧たちの毎日の決まりとなっているそうです。

ほとんどの人が、昼は忙しく過ごしていると思いますので、夜坐とまでは言わないまでも、夜の時間は、静かに穏やかに過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

スマホやパソコンなどから情報が入ってくると、いやでもそれについて考えたり、揺さぶられたりしてしまうものです。そういった情報は、夜は遮断すると決めることも一つの方法だと思います。

何をするでもいいと思います。自分にとってリラックス出来ること、心地良いことに時間を使ってみて下さい。自然と心穏やかになり、睡眠の質も変わってくるでしょうし、翌日への影響も変わってくると思います。

夜を穏やかに過ごす、これもまた、禅的な過ごし方と言えるのです。

 

 

まとめ・メッセージ

 

以上、いくつかの禅の教えに繋がる「禅語」を見てきましたが、このような禅語もまた、「言葉の力」となるのではないでしょうか。

こういった考え方の中に、私たちの生活を豊かにしてくれるヒントがあると、僕は思っています。

また、僕で言えば、病気を治すためのヒントもあると感じて取り入れてきましたし、むしろ、「病気にならない」ためのヒントがたくさん隠されていると感じています。

 

ここで触れてきたことは、ほとんどが「あたりまえ」のことであり、簡単に取り入れられることだと思います。皆さんも、これを読んで、生活の参考にしていただけたら幸いです。