Goroの神社仏閣・御朱印巡り

東海地方の霊場(お遍路)・お寺・御朱印などを紹介していきます。

【名古屋市千種区】五芒星付きの御朱印がもらえる、安倍晴明を祀る「名古屋晴明神社」

 

こんばんは、Goroです。

 

本日の記事では、平安時代陰陽師として活躍した、安倍晴明を祀る神社として有名な「晴明神社」について紹介していきます。

京都をはじめとし、安倍晴明に関連する神社が各地にありますが、ここ名古屋にも晴明に関わる神社があります。素敵な御朱印もいただけますよ。

 

 

 

晴明神社とは?

 

どういった神社?

f:id:goro56-henro:20190811220916j:plain

 

ナゴヤドームのほど近くにある、千種区に鎮座する神社です。一言でいってしまえば、安倍晴明を祀った神社ということになるわけですが、かつて晴明が尾張国に在住していた頃、この地に住んでいたといわれています。

その昔、この付近がマムシの被害により、村人たちが悩まされていたのを、晴明の術で退治したともいわれています。そういった事もあり、現在でも厄除け魔除け神社として信仰されています。難病や悪病に効くといわれている霊水(晴明水)が境内にあるため、病気平癒の神社としても信仰されています。

 

 

境内の雰囲気は?

 

拝殿は写真の通りです。拝殿の前に狛犬が並んでいますが、男性は向かって左側の狛犬を、女性は右側の狛犬を、自分の体の調子が悪いところと同じ箇所を撫でることで効果を得ることができると、社務所の方に教えていただきました。

f:id:goro56-henro:20190811221016j:plain

 

そして、いたるところに「五芒星のマーク」が散りばめられています。五芒星とは、陰陽道の基本概念である陰陽五行説、魔除けの呪符などで重要なものであるため、まさに晴明ゆかりのマークというわけです。薬膳の勉強などをしていると、こういったマークを良く目にしますよね。

f:id:goro56-henro:20190811221047j:plain

 

拝殿や賽銭箱はもちろんのこと、こんなところにも大きな五芒星のマークが。神社の入口のところに「名古屋で一番可愛い神社」と書かれた紙が貼ってありましたが、それを裏切らないマークの多さです(笑)

f:id:goro56-henro:20190811221120j:plain

f:id:goro56-henro:20190811221138j:plain

 

 

晴明神社へのアクセス・情報

 

住  所:愛知県名古屋市千種区清明山1-6

電  話:052-711-8803

アクセス:地下鉄名城線ナゴヤドーム前矢田駅」より徒歩12分

     市バス「萱場」「晴明山」バス停より徒歩5分

駐車場 :無し(周辺にコインパーキングあり)

 

 

 

 

晴明神社でもらえる御朱印は?

 

もちろん、御朱印にも「五芒星のマーク」が付いています。

f:id:goro56-henro:20190811221450j:plain

 

階段を上ってすぐの所に社務所があるので、こちらで御朱印がいただけます。

御朱印は書置きのみとなっていますが、その場で御朱印帳に貼っていただけました。

一つ注意していただきたいのが、通常、社務所には神職の方がいらっしゃらず、地元の氏子さん達が交代で守っているということで、社務所の開いている曜日・時間が限られています。

基本的には、火曜・木曜の13~16時、土曜・日曜・祝日の10~16のみ開かれているということで、御朱印の受付もこれに準ずる形となっています。

 

その他、社務所では御朱印以外にも、カード型のお守り(遥拝札)をはじめ、清め砂・開運タオル・キーホルダーなど、目を引くものがたくさんありました。

f:id:goro56-henro:20190811221545j:plain

 

特に遥拝札は、なかなか直接神社に来られない人でも、自宅などで手を合わせることにより、神社で拝礼したことと同じ意味合いを持つことになりますので、直接神社で参拝された際にいただいてみてはどうでしょうか。

今回僕も、横型・縦型2枚の遥拝札をいただいてきました。さらに、病気平癒のカード型お守りもいただきました。「気を強く持ち病に勝つ!」この言葉と共に、晴明公の霊力にあやかりたいと思います。

f:id:goro56-henro:20190811221615j:plain

 

 

以上、「名古屋晴明神社」について、御朱印と共に紹介していきました。割と小さな神社ではありますが、パワースポット(かつては、恋の三社めぐりの一つ)としても有名な神社ですので、皆さんも参拝しに行ってみてはいかがでしょうか。