「寝たきり」やめました。「車イス遍路」始めます。

どんな状況にあっても、「今」やれることを楽しむ!このブログが、そんなきっかけになって欲しい。

分子整合栄養医学を学び、「病気の予防と改善」・「健康の維持と増進」を図る

 

こんばんは、Goroです。

 

先日、NPO法人日本ホリスティック医学協会さんの主催で、「分子整合栄養医学による、体調・体質改善」をテーマとしたセミナーに参加してきました。その際学んできたことを、後日勉強したことを追加して、本日はお伝えしていきたいと思います。

 

講師の方は、管理栄養士・健康食品管理士として、分子整合栄養医学に基づく栄養療法カウンセリング・サプリメント相談などを行っている方です。

f:id:goro56-henro:20190327204055j:plain

 

分子整合栄養医学とは?

 

まずは、今回このセミナーに参加した理由でもあるのですが、個人の体質や必要な栄養素というのは、100人いたら100通り存在しますよね。

ですので、病気の治し方に関しても、病気の予防に関しても、その人それぞれの方法があるはずなのです。同じ病名でも、治療法が全く同じということは普通ないですよね。

 

その点、私たちの身体を構成する栄養素のバランスの乱れを、科学的に知り最適にしていくことで、病気の改善や、健康の維持・増進を目指していくこの分野には、大きな可能性があると感じています。

 

分子整合栄養医学協会さんのHPによると、以下のような定義です。

分子整合栄養医学とは、ライナス・ポーリング博士により提唱されたもので、分子生物学を重点において、体内に正常な分子バランスを作りだす医学であるといえます。分子整合栄養医学という言葉は医療の新しいパラダイムの方向性を示す造語で、その目指すところは病気の治療ということだけではなく、健康の維持と増進を図ること、すなわち病気の予防に重点をおいています。つまり、体内に通常に存在する物質の至適量を摂取することにより、健康を回復させ維持することを一番重要視しています。

引用元:http://www.orthomn.org/index.html

 

 

この分野は、主に精神科の範囲で、統合失調症などの患者の方を中心として普及していったそうなのですが、現在では、内科・婦人科・整形外科など、さまざまな分野で活用され広がっているそうです。

 

 

どのように治療・療養していくのか?

 

私たちが普段生活している中で、体の中の細胞にアンバランスな状態などが発生しても、私たちの体には、いつも通りの状態に戻してくれる「ホメオスタシス(生体恒常性)」というメカニズムが備わっています。いわゆる自然治癒力の力ですね。

 

しかし、自律神経の乱れや、免疫力の低下、ホルモン異常などが原因で、この自然治癒力を妨げてしまうと、病気という形で表に出てきてしまうわけですね。

分子整合栄養医学では、栄養のバランスの乱れを整えていき、細胞レベルでの乱れを整えていくことで、

 

・心と身体の健康の維持・増進

・身体の機能を高める

・病気改善、症状緩和などの医学的効果を狙う

などを、食養生法として目指していくわけです。

 

具体的な治療の流れとしては、診察・採血・栄養指導などを行い、それらを実践して、3か月経過したらもう一度採血してフィードバックしていくという流れです。

3か月というのは、赤血球の入れ替わりの周期が3か月だからということです。

 

栄養素の過不足を分析していき、医師や栄養士がその経過をフォローアップしていくわけですね。この際、自分がどうなりたいか?自分がどのように生きていきたいか?ということを考えながら、食事やサプリメントを摂取していく、つまり、「攻めの栄養摂取」という部分が、この栄養学の分野の面白いところだと思う、という講師の方の言葉が印象的でした。

 

 

自分に不足している栄養素をチェックしてみよう

 

上記のような流れがありますので、実際に血液検査をしてみないと、個々人の栄養素の細かい状態までは分かりませんが、ここでは、セルフチェックをしていただくことで、皆さんの不足している栄養素をチェックしてみてほしいと思います(実際に、セミナーの際に僕も行ったものです)。

 

次の4つのグループごとに、当てはまるものの数をチェックしてみて下さい。

 

グループA

・肉を食べることを控えている

・あざができやすい

・たまにめまいや立ちくらみを感じる

・月経量が多い

・階段を上ると息切れする

・頭痛、頭重を感じることがある

・爪が欠けたり、割れやすい

 

グループB

アトピー性皮膚炎や、乾燥肌で悩んでいる

・ドライアイ、ドライマウスなど粘膜が乾燥する

・甘い物、お酒が好き

・爪に白点ができることがある

・加工食品やファーストフードを多く食べる

・傷が治りにくい

・脱毛が気になる

 

グループC

・パスタやパン、チャーハンなど一品ものの食事が多い

・チョコレートやポテトチップスなど間食をほぼ毎日する

・甘い物を食べるとイライラや不安感がおさまる

・お菓子や菓子パンを食事がわりにする事がある

いろはすウォーターやカフェラテなどの甘い飲み物をよく飲む

・食後とても眠くなる

・空腹時間が長いと手が震えたり、だるくなる

 

グループD

・筋肉が付きにくい

・食事制限をするダイエットをしている

・野菜中心の食生活をしている

・肉や揚げ物を食べると胃がもたれる

・気分が沈む事がよくある

・むくみやすい

冷え性

 

 

結果はどうでしたでしょうか?

 

各グループにおいて、当てはまるものが2個以下であれば、あなたの現在の栄養は足りていると言えると思います。

しかし、3つ以上当てはまった項目に関しては、以下の栄養素不足が考えられます

 

Aのチェックが多かった人・・・「鉄」不足

Bのチェックが多かった人・・・「亜鉛」不足

Cのチェックが多かった人・・・「糖質」不足

Dのチェックが多かった人・・・「タンパク質」不足

 

ちなみに僕は、断トツでタンパク質不足でした。肉もあまり食べられないし、運動もしてないから筋肉もほとんど無いので、当たっているなと感じました。

 

それでは、自分の不足している栄養素が分かったところで、各栄養素に関しての話に進んでいきたいと思いますが、少し長くなってきてしまいましたので、この続きは次回の記事に続けていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。