Goroの神社仏閣・御朱印巡り

東海地方の霊場(お遍路)・お寺・御朱印などを紹介していきます。

第四番札所「摩尼山 延命院」

 

こんばんは、Goroです。

 

一昨日、車椅子でのお遍路、3日目を行いました。

 

少し間が空いてしまいましたが、自分の体調との兼ね合いもありますし、家族との日程調整もありますので(一人で完結出来ないのはもどかしいですが)、21番まで遍路を進めるていくには時間を要すると思いますが、氣長にお付き合い下さい!

本日の記事では、四番札所までの遍路道中の紹介をし、第四番札所である「摩尼山 延命院」で参拝を行い、四番札所近くの立ち寄りカフェを紹介していきます

 

 

 

第四番札所までの遍路道中(御園座伏見駅周辺)

 

前回の続き、白川公園の東側(三番札所と四番札所の間)から出発しました。

第四番札所の「摩尼山 延命院」を目指していきます。

 

走り始めてすぐに、両手親指の付け根がかなり痛い。そして、右側肩甲骨付近から背中にかけて、痛みというか違和感が。二週間も間が空いているので、前回の疲れとは考えづらいのですが、どうなんでしょう?

普通の状態ではないので、体の各部位の疲れの抜け具合などがよく分からないです。

 

 

白川公園近くの中道をしばらく進んでいくと、大通りの横断歩道が出てきました。さすが、名古屋の中心地の横断歩道!と言わんばかりの、かなり長い横断に挑戦。

歩く人は、それこそポケットに手をつっこんで気軽に歩いているでしょうが、車椅子で渡りきるにはかなり必死です。

f:id:goro56-henro:20190223192800j:plain

 

信号が青色になると同時に、持てるパワーを一気につぎこみます!

そして、最後は点滅になる中、なんとか渡りきれました(笑)

毎回そうなのですが、横断歩道を渡る時は、今の自分の現実をつきつけられる感じがします。信号が青でもつっこめないんですよね。変わった瞬間を狙わないと渡り切れないので。普通の状態なら、点滅し始めてから走っても渡り切れますもんね。

今は、渡り切れるだけでも、とりあえず良しとしよう!

 

そして、大通りを北上していくと、圧倒的な存在を醸し出す「御園座」が登場!

f:id:goro56-henro:20190223192837j:plain

 

御園座とは、歌舞伎や演劇公演を行う老舗劇場です。名古屋で「三座」と呼ばれていた、名鉄ホール中日劇場がなくなってしまいましたので、御園座の存在はかなり大きなものとなっています。

そんな御園座も、2013年にいったん閉館し、2018年に建て替えられて再出発していますので、僕にとっては、新しい御園座は、当然初めてです。

テレビで黙って見ることしか出来なかった場所に、こうやって少しずつ来ることが出来ているという事実は、ありがたい限りです。

 

せっかく御園座に初めて来たので、御園座タワー1Fにある「御園小町」(イートイン、テイクアウト、おみやげコーナーが揃った食のテーマパーク)にて、少し休憩することにしました。

僕にとって、休憩する=座る時間が長くなるというのは、体力をどんどんすり減らすことにはなってしまいますが、ここまで15分こいできて、握力が相当なくなってきていたので、休憩する選択をしました。

「御園小町」は、車イスでも十分に移動出来る広さがあるのでオススメです。

 

そして、僕は「タピオカ抹茶ラテ」を頼みました。

f:id:goro56-henro:20190223192934j:plain

苦くも甘くもない、ちょうどいい感じの抹茶の味を感じられ、美味しかったです。

親は「ホットほうじ茶ラテ」を頼みましたが、ホットを頼むと、この歌舞伎の顔のついたカップで貰えるみたいです。いかにも御園座らしくていいですね。

 

 

 

第四番札所「摩尼山(まにさん) 延命院」について

 

御園座を後にし、「伏見通」をしばらく北上し、「袋町通」を東へ曲がると、第四番札所「摩尼山 延命院」の登場です。こんな名古屋のど真ん中に突然出てくるなんてビックリです。今まで何度もこの辺をブラブラしているはずなのに、全く目に入ってないってことですよね。

車椅子だと、自転車どころか、歩くよりもゆっくり進むことになるので、景色がまた違って見えてきます。

f:id:goro56-henro:20190223193054j:plain

 

出世地蔵と呼ばれるお地蔵さんがいるのですが、某企業の社長さんが、信仰してから業績が伸びたということで寄進されたそうです。

調べてみましたが、どこの企業かは分かりませんでした。この地域で考えると、勝手にトヨタ系かな?と予想していますが、定かではありません。

 

中に入ると、摩尼車と呼ばれるものがあり、こちらを一周回すと、お経を読んだことと同じ効果があるということです。

f:id:goro56-henro:20190223193123j:plain

 

延命院は、創立当初は九州筑紫にあり、至徳4年(1387年)に尾張清州御園に移転されました。その後名古屋城築城のため、現在地に変遷されています。

当時は薬師如来を本尊とし、客殿には十一面観世音菩薩がお祀りしてありました。

 

全体像の写真で見ると、都会の中にポツンとあることが分かると思います。

f:id:goro56-henro:20190223193201j:plain

 

【摩尼山 延命院】

〇住  所: 愛知県名古屋市中区錦2-8-20

〇電  話:052-201-3673

〇アクセス:地下鉄鶴舞線桜通線「丸の内駅」より徒歩3分

      地下鉄東山線鶴舞線伏見駅」より徒歩3分

 

 

 

伏見駅周辺のオシャレカフェ「MITTS COFFEE STAND」

 

参拝を終え、この遍路の目標である、「1寺1コーヒー」へと向かいます。

事前に調べていてビックリしましたが、延命院から、徒歩1分くらいの距離に、遍路の休憩にはぴったりなオシャレカフェがありました。

「MITTS COFFEE STAND(ミッツコーヒースタンド)」さんです。

f:id:goro56-henro:20190223193251j:plain

 

入口で注文をして、縦長の店内を進むと、奥に広いスペースがあり、ソファイス席で落ち着ける空間になっています。

そして、何より味が抜群です。ここのコーヒーは、スペシャルティコーヒー」なのはもちろん、エスプレッソマシンの最先端である「SYNESSO」を使用しています。

 

体がかなり冷えていましたが、いつものごとく僕が注文するのは「アイスカフェラテ」です。カフェラテ好きの僕にとっては、エスプレッソにこだわっている店とは相性が良いことが多いです。エスプレッソも濃いめで入っていて好みの味でした。

f:id:goro56-henro:20190223193329j:plain

 

その他、サンドイッチやパンもオススメみたいですので、空間も落ち着きますし、皆さんも立ち寄ってみてはどうでしょうか。

 

【店舗情報】

〇住所:愛知県名古屋市中区錦2丁目8-15 錦三輪ビル1F

〇電話:052-222-0207

〇HP:http://www.mitts-coffee.com/about/

 

 

 

【遍路3日目】の行程

f:id:goro56-henro:20190223193420p:plain

 

A、出発地点(白川公園東側)

B、御園座

C、第四番札所「摩尼山 延命院」

 

A→B 650m・約15分

B→C 600m・約15分